4人組の泥棒の知恵

《ヤングシーブス》




リッチでスパイシーな香りが特徴のブレンドオイル。

このオイルには物語があります。


17世紀にペストという伝染病が南フランスで大流行しました。

ペストは感染したネズミから吸血したノミによって感染が広げられます。

致死率が非常に高く、感染から3日後には死に至る病のため、治療が間に合わないことが多かったそうです。

世界的に大流行し中世を終わらせたとも言われる歴史的伝染病を代表する細菌感染症です。

そんなペスト患者の遺体から金品を盗んでいた4人組の泥棒が捕まりました。

4人への刑を免除することと引き換えにペストに感染しないで長い事盗みを働いた秘密を明かさせたのです。

するとローズマリー、タイム、セージ、ラベンダー、ミントなどのハーブを酢に漬け込み殺菌効果の高いハーブビネガーを全身に塗っていたことが分かったのです。

その記録を元に再現されたオイルが《シーブス》

その頃からアロマは単なる香りではなく、様々な場面で受け入れられるようになりました。


メディカルアロマの発祥の地、フランスでは中世から今もなおアロマやアロマセラピーの研究がすすめられています。

植物のその可能性は無限大であり、今後ますます発展が望める分野でもあります。


現在、世界的に広がる新型コロナウイルス感染症。

時代は巡り、私たちは小さな菌やウイルスに立ち向かい進化してきました。


アロマは自然療法の1つで代替療法で民間療法です。

現代もその効果や効能、作用は科学的根拠が認められていません。

ですが、私たち人間は自然の中に身を置き自然に触れることで、心が軽くなり確実に免疫力が上がります。


細菌は目に見ることができない小さな生物。

ウイルスは自分で細胞を持たず他生物の細胞を利用し複製する。

どちらも人工的なものではなく自然のものだとするならば、自然の中にヒントはあるようです。

ですが、私たち人間の頭脳は計り知れない可能性を秘めているので、この感染を食い止める何かを作り出してしまうのでしょう。

ハーブを利用し病から逃れ、他人の金品を奪い続けた泥棒の知恵が世界を救ったとは言い難いけれど、そのブレンドはたくさんの人々の心を癒し免疫力を高めたのではないかなと《シーブス》のピリッと辛い香りを嗅ぐと想像してしまうのです。



近日のご予約状況をお知らせします。

2/8(月)14:00 空〇

9(火)満席 ●

10(水)満席 ●

11(木)お休み

12(金)10:00 空〇

13(土)満席 ●

14(日)お休み

15(月)13:00 空〇

16(火)満席 ●

17(水)終日空席 ◎

18(木)終日空席 ◎

19(金)10:00、13:00 空〇

20(土)満席 ●

21(日)お休み

となっております。

週末や夕方からのご予約は埋まりやすいので、ご希望のお客様はお早めにお声掛けくださいませ。


コロナ渦なかなか落ち着かず、健康や精神的疲労、世の中の経済的な不安など様々な心配や課題がある中、常に平常心とはいかぬここ1年間の流れですが、知ったようなこと言ってる私も常にフラットな心持ちを保ち続けられているわけではありません。

起伏はあります。人間だもの。私もそう。

少なからず私は精油に助けられているのでございます。

皆様、どうかお身体ご自愛くださいませ。


ご要望のお客様はお気軽にお声掛けください。

お会いできる日を楽しみにお待ち致しております。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon